コンブチャクレンズ 葉酸 量
厚生労働省では健康な赤ちゃんへと成長させるために、妊娠中は葉酸の摂取を推奨しています。

コンブチャクレンズにはダイエットや美肌効果のある成分がたっぷり含まれていますが、配合されている成分には葉酸も含まれています。

妊娠中の体重管理だけでなく、赤ちゃんに必要な葉酸を補うことができるコンブチャクレンズにはどれくらいの量の葉酸が含まれているのでしょうか?

コンブチャクレンズに入っている葉酸の量

葉酸を妊娠中に摂取することで、先天的な奇形を防ぐことができます。

葉酸サプリなども販売されていますが、コンブチャクレンズにも配合されているのであれば、ドリンクになっていて飲みやすいですし、他の栄養も一緒に摂ることができて便利ですよね。

コンブチャクレンズに含まれている葉酸の量を調べてみると、30mlで200ugの葉酸含有量が入っていることが分かりました。

妊娠中に必要な葉酸の量は640ugとされており、普通の食事をしていれば300~400ugの葉酸を食事からでも摂取することができます。

そのため、1日30mlをたったの1杯飲むだけで、十分な栄養を補うことができます。

たくさん飲まないといけないとなると、飲むのも辛くなってきますが、たったの30mlなので、これなら無理なく続けることができますよね。

しかし、食材にも葉酸が含まれているものもあるので、それならコンブチャクレンズを飲まずに食事だけでも1日必要な葉酸の量を補うことはできないのでしょうか?

食事だけで必要な葉酸の量を補えない理由って?

葉酸は食事からでも摂取することができますが、普通の量の食事だけでは、妊娠中に必要な葉酸の量を補うことはまずできません。

もし食事だけで葉酸を摂取しようとすると、相当な量を食べないといけなくなります…

葉酸が多い食材の中でも代表的なホウレン草でも100gあたり、生で210ug、熱を加えると110ugとなります。

妊娠中に必要な葉酸の量が約600ugなので、毎日生のホウレン草を300g、熱を加えたなら500~600g食べないといけない計算になってしまいますよね…

さすがにそんなにたくさん食べることは難しいですし、他にも葉酸が含まれている食材はありますが、ホウレン草同様にかなりの量を食べないといけません。

また、葉酸は熱に弱いので、加熱しているものだとさらに葉酸含有量は減少してしまいます。

コンブチャクレンズであれば、たくさん摂取しなくても簡単に必要な栄養を補うことができるのでいいですよね。

いつから摂取すればいいの?

葉酸はできるだけ早い段階で摂取されることをおすすめします。

特に妊娠初期が葉酸を必要とする時期なので、妊娠が分かったらすぐに摂取するようにしましょう。

また、出産してからも葉酸は母乳の質を高めるだけでなく、ホルモンバランスの安定や代謝を高める効果があります。

そのため、出産してからも葉酸摂取しましょう。

過剰摂取はNG!

葉酸は赤ちゃんの成長に必要なものではなるのですが、だからといってたくさん飲みすぎればいいというわけではありません。

葉酸を過剰摂取すると食欲不振や吐き気、むくみ、不眠症になる危険性があるだけでなく、最悪の場合は葉酸過敏摂取症になることも。

葉酸過敏摂取症とは1日1,000ug~10,000ugの葉酸を取り続けた時に起こる病で、発熱や蕁麻疹、呼吸障害を起こすリスクがあります。

コンブチャクレンズを規定量通りに摂取していれば、このような症状が起こることはないので、過剰摂取しないように気をつけてくださいね。

食事だと妊娠中に必要な葉酸の摂取量を補うことは難しいでしょう。

しかし、コンブチャクレンズを飲めば、無理なく1日に必要な量の葉酸を摂取することができます。

葉酸だけでなく、コンブチャクレンズには赤ちゃんやママにとって良い影響をもたらす成分が入っているので、妊娠中は積極的に摂取してみてくださいね!