空腹 紛らわす コーヒー
食べたい…けど太るかも…とダイエット中は空腹と戦いです。

ただ我慢しているだけだとストレスが溜まる一方なので、空腹を紛らわす効果があるとされているコーヒーで気持ちを休めてみてはいがでしょうか?

ただコーヒーってダイエットにそんなに良いイメージがないのですが、どうして空腹を紛らわすことができるのか、コーヒーに含まれている成分効果と飲み方の注意点についてお教えします!

カフェインは空腹を紛らわす効果が絶大!?

コーヒーにはカフェインが含まれていることは有名ですが、実はカフェインの成分効果により空腹を紛らわすこといができるのです!

カフェインは副交感神経を刺激することと、満腹中枢にも作用し、空腹を感じにくくなります。

また、カフェインにはダイエットのストレスを和らげるリラックス効果ももたらしてくれるので、お腹が空いてイライラしてしまった時にコーヒーを飲むと、ストレスも軽減できるだけでなく、食欲も抑えることができるでしょう。

さらにカフェインには脂肪燃焼効果があるので、ダイエット中にこそ意識して飲んで欲しい飲み物なのです。

しかし、空腹時にカフェインを摂取してしまうと胃に負担がかかってしまって身体に良くないのでは?と思われている方も多いですよね。

ダイエット中にコーヒーを飲んでも問題ないのでしょうか?

ダイエット中にコーヒーを飲む時の注意点

コーヒーは満腹中枢に働きかけることで、空腹を紛らわすことができますが、胃に刺激になってしまい、胃が気持ち悪くなってしまいそうで心配ですよね。

確かにブラックの状態で飲むと、カフェインの成分効果が出すぎてしまい、空腹時に飲むと胃に負担がかかる人もいるでしょう。

そのため、空腹を紛らわすためにコーヒーを飲む際は牛乳を入れて、カフェオレにして飲むことをおすすめします。

牛乳を少し入れるだけで胃粘膜を保護する働きがあるので、コーヒーを飲んでも胃に負担がかかりにくくなります。

それだけでなく、牛乳にはカルシウムなどの栄養素が多いことから、脳に十分な栄養を補充したと指令がいくことから、空腹を感じにくくなる効果も。

ただし、ダイエット中に飲む場合は牛乳をたくさん入れすぎたり、砂糖が入っていると摂取カロリーが大幅に上がってしまうので気をつけましょう。

また、アイスコーヒーよりもホットにすることで、空腹を紛らわす効果がアップするので、ホットコーヒーをゆっくり飲んで、気持ちを落ち着かせてくださいね。

ダイエットを成功させるために大事なこと

コーヒーに含まれている成分効果により、ダイエット中の辛い空腹を紛らわすことができ、なりたい自分へと近づくことができるでしょう。

ただし、ダイエットを成功させたいからといって過度な食事制限はリバウンドを起こしやすくなるだけでなく、基礎代謝が下がってダイエットを始める前よりも痩せにくい体質になります。

いくらコーヒーに空腹を紛らわす効果があるといっても、さすがに何日も食べないなどの過度な食事制限を長く続けていると、最悪の場合は身体に何かしらの障害をきたす恐れも…

ダイエットを成功させるために大事なのは栄養バランスのとれた食事と適度な運動です。

太ってしまった原因は必ず食生活にあります。

無理に短期間で痩せようとしても、1日に必要な栄養が不足してしまい、体重は減っても肌や髪がボロボロになることも…

健康的にダイエットを行うためには生活習慣を見直し、空腹が我慢できない場合はコーヒーを飲んでみるなどして、身体に負担がかからないように注意しましょう。

カフェインが多く含まれているコーヒーを飲むことで、空腹を紛らわすことができ、ダイエットがより成功しやすくなります。

空腹のストレスが我慢できず、途中で挫折してしまいそうな時にはコーヒーを飲んでみてくださいね。